TEL - 046-272-2007

蕎麦屋だからこそのだしの旨味 楽常 - Umami -

出張でも手を抜かないそばつゆ

そば打ちでもお店と同じ味を再現


主役であるお蕎麦の風味を引き出すため、だしの旨味をかえしに加え、熟練のノウハウにより仕上げた、お店で提供するモノと同じそばつゆを、出張そば打ちでも使用しております。無添加の素材本来の味わいと香りを感じれるから、楽常のそば打ちは満足度が違います。

枕崎産本鰹を使用


定期契約する鰹節屋さんから取り寄せる、マガツオを原料とした粉砕粉を使い、より濃度の高いだしを取ると共に、温かいお蕎麦にしても辛みが引き締まる血合い部位の多い宗田節、ほんのりした甘みとコクを出す鯖節を絶妙にブレンドし、だし油の加減やすっきり感、雑味の調整などを熟練のノウハウで蕎麦とのマッチングを日々考えております。

日本ならではの「旨味」を大切に


日本には、だし文化というモノがあります。元々上方から伝わったしょうゆベースの昆布だしのそばつゆを、江戸のトレンドでもあった濃口しょうゆ(かえし)と鰹だしを合わせ、奥深い香りと味を引き出しました。関西・関東と求めるモノは違えど、根底にあるのはこの「旨味」であり、蕎麦の味を邪魔せずに引き出す、江戸文化そのものが、だし文化でもあります。

旨味を伝える食育という考え方


そうして試行錯誤した結果が、今の蕎麦屋さんのスタイルです。出張で打ったできたてほやほやの打ちたてお蕎麦と旨味がぎゅっと詰まったそばつゆに漬けて頂く、ちょっと贅沢な、いや、かなり贅沢な食のエンターテイメントを、楽常は小さいお子様やファーストフード・洋食世代にも体験して頂きたく「食育」という観点でも、そば打ち体験教室をお薦めしております。

楽常にそば打ち体験の見積もりを依頼する