絆 BLOG

【楽常の美酒佳肴】オマチストも納得の余韻!七田 無濾過生

七田 無濾過生

楽常の美酒佳肴

楽常はそば打ちアクティビティとSOBAケータリングという二大柱の他に、揚げたての天ぷらケータリングとパーティーや会合などに適したお酒にドンピシャの蕎麦屋の肴をご提供することができます。

楽常スタッフがオススメする美酒と名した日本酒のチョイス、また、その美酒にぴったりのお酒のつまみのセレクトを不定期でご紹介して行くシリーズ、「楽常の美酒佳肴」。

きっと貴方の心の一杯、カラダの一品となることでしょう。

無濾過生 七田の心 2019

天山酒造・佐賀県

本日の一杯は七田の純米吟醸 無濾過生。

封を開ければ、ぷしゅっ!という感じの微炭酸具合を覗かせる。

まさに一杯含んでみれば、グリーンアップル!という一口目から、そのフルーティーさは良くも悪くも旨口の七田らしいモノ。

これで純米吟醸だからびっくりする。

そして酒米も山田錦が全盛のこのご時世に、まさかの雄町を使用。

古い歴史のある酒米であるが、山田錦に変わって時代とともに少なくなってきた品種でもあるが、そこは守られた品種でもあり、あえて希少性を売りにしたところがあっぱれと行ったところだ。

雄町らしい特徴をあげるのも難しいモノだが、そう言われてみれば深みを感じなくもない。

辛味を感じるか?と言えば、正直、それを打ち消す舌の上でぴりっとする発泡具合と芳醇な甘みの余韻がずーっと続く。

ぐいっとやると、辛味というより、ワインっぽいフルーツの酸味と渋味の方を広く感じるのが特徴。

とは言え、やはり甘い。

車で言うならば、名前もそこそこ通ったトヨタのシエンタ。

どうでしょう!?w

色はズバリ、イエローグリーン。

この七田の味そのものではないだろうか。

超旨口、微炭酸という特徴から、シーンは選ぶモノの、女性で日本酒初心者などには、限定酒という希少性も相まって、なかなか好評を得られるのではないかと思います。

七田 無濾過生

そして、このフルーティーさ、甘さ、酸味、さて、どんなつまみが合うものか・・・

難しい。

 

このお酒にぴったりの チョイス

ゴーヤの天ぷら

楽常のチョイスは、ゴーヤの天ぷら。

かなり苦味は際立つ食べ方でありますが、果実酒なみの酸味と甘味は、その苦味との相性がズバリ。

関東でもこれからの季節、スーパーに並ぶこともあると思うので、そんなチョイスも悪くないかも知れません。

天ぷら油との対象か、苦味を存分に味わいながら、七田の甘さと深みでリセットする、苦味、甘み、酸味と、なかなかおもしろい一杯になること請け合いである。

関連記事一覧

ブログ内検索

そば割合自動計算

Multilingual language

最近の記事