絆 BLOG

蕎麦フェス大江戸和宴2017を無事終了!

大江戸和宴2017

かねてから告知しておりました、代々木公園で11/23~26の4日間という長丁場のフードイベント「大江戸和宴2017」が滞りなく無事に終了致しました。

今回、西鶴間増田屋として出店させて頂きましたが、この寒空の中、たくさんの来場者さまにお蕎麦をご提供するコトが出来ました。

楽常スタッフもフル参戦

サポートメンバーは、普段、お蕎麦に携わっていないお仕事の方も含み、大所帯で望みましたが、正直、来場者数は、去年6月にやった時よりも少ない感じでした。

来場者の平均年齢は高く、やはり、蕎麦=高齢者 というイメージが拭えないイメージはあります。

より若い方に、ヘルシーなお蕎麦の魅力をお伝えしたかったのではありますが、それでも、西鶴間増田屋が売りとして出したメニューは、カレーそば。

大江戸和宴2017

午前中よりは、午後に強い印象でした。

大江戸和宴2017

この季節ともなると、3時過ぎぐらいから、もう寒くなって来ますので、温かいカレーそばは、暖を取るにはベストなフードとなったコトでしょう。

他に、肉系、塩系と、二分した人気店がありましたが、西鶴間増田屋ブース前では、通りかかる方の、「ん~~ カレーのイイにお~い!」という声もちらほら聞かれ、的は外していなかったと自負しております。

大江戸和宴2017

楽常メンバーは、いずれもフル参戦で望み、一日一日を大いに愉しむコトが出来ました。

大江戸和宴2017

こうしたお蕎麦のイベントを大々的に行うのは稀であり、もちろん、そば打ちの楽常としては、手打ちを披露したいキモチがありましたが、そこは、お蕎麦屋という面も持ち合わせているので、今回は、蕎麦屋ならではのつまみも売りのひとつとして盛り込みました。

中でも一番人気だったのが、かえしに一日漬けたクリームチーズとクラッカーとの相性で日本酒ともバッチリな、「かえし壺漬けちいず」。

大江戸和宴2017

テイスティングも出させて頂き、たくさんの方にお召上がり頂きました。

また、蕎麦屋定番の板わさ、半生タイプのかつおぶし、そして、スモーク鴨。

大江戸和宴2017

これがまた、酒に合うんだー

こうしたつまみ系も、今後、大いに、そば打ちケータリングにも活かして行こうと思っておりますので、お楽しみに。

蕎麦屋だからこその、スイーツも見逃せません。

そばアイスにきなこを振り、さらに上から黒蜜をたっぷりとあしらう、外イベントとは思えない懲りようで、人気があった「黒蜜きなこSOBA-ICE」、寒くなってくれば、白玉の代わりにそばがきを入れた、ほっかほかのそばがきぜんざい など、かゆいトコロに手が届くラインナップでした。

大江戸和宴2017

お客様にも好評で、おかわりや、どんぶりぜんざいなるオリジナルメニューも飛び出したほどです。

こうしたお蕎麦の後のスイーツも、楽常では、どうにか活用して頂きたく、企画を考え中です。

毎年毎年、いろいろと教えてくれる、蕎麦イベント、こうしたトコロにも顔を出して、今後のそば打ち・・・ならぬ、SOBAUCHIに活かして行こうと思っております。

大江戸和宴2017

まずは、SOBAUCHIという楽しみを知って頂き、お蕎麦を身近に感じて頂ければと思っております。

もし、ご興味がありましたら、まずはご一報。

お待ちしております。

大江戸和宴2017

関連記事一覧

ブログ内検索

そば割合自動計算

Multilingual language

最近の記事