絆 BLOG

楽器メーカーさま商談パーティにて蕎麦ケータリング

KORG

12月だというのにこんな暖かい日も珍しいですね。

少し動くと汗をかいてしまう気温で、体は動くのですが、なにせ扱うのが蕎麦なモノで、そこは気をつかっております。

さて、本日は蕎麦ケータリングの案件で、楽器メーカーの「KORG」社さまにお邪魔しております。

KORG

楽器メーカーということで、この度のパーティーは楽器店さまや音楽教室経営者さま、音楽関係の顧客さまとの商談会が稲城市のショールームにてあるということで、お寿司屋さんとお蕎麦という顧客向けケータリング依頼となりました。

楽常では、出張そば打ちサービスと共に、事業の柱であるケータリングサービスがあります。

ご指定の会場へ出向き、茹で道具などを用意し、その場で蕎麦を打ち、蕎麦を茹でシメしてご提供をするサービスが、蕎麦ケータリングとなります。

オプションには、鴨汁や天ぷらなどがありますが、今回KORGさまがご希望だった天ぷらをチョイスさせて頂きました。

ショールームを見ればおわかりのとおり、中は素晴らしい音を奏でるであろうギターが所狭しと並んでおり、その素材と言えば、銘木を使ったものが多く、天ぷら油の匂いをつけるわけには行きません。

KORG

そこで、そうした気をつかうモノが近くにある場合には、テラスにて天ぷらを揚げさせて頂いております。

そこまで!? とお思いでしょうが、そうまでして揚げたてを食べて頂きたいと思っております。

KORG

もちろん経たりにくい揚げ方なども熟知しているのですが、より一層アツアツのモノを食べて頂きたいという思いがあり、可能であればその場で揚げさせて頂いております。

そんな揚げたてのほっくほく天ぷらが必須!というお客様がおられれば、天ぷらだけでも揚げる案件もありますので、ぜひともご相談頂ければと思います。

KORG

商談がスタートするとお昼とともにランチタイムスタートです。

さすがにお寿司屋さんは人気で、握りたてをカウンターでつまむことができます。

酢飯の香りがほんとうに空きっ腹を刺激します。

KORG

いえいえ、お蕎麦も負けてはいません。

暖かい日とは言え、お寿司ばかりでは冷え切ってしまいますので、お汁代わりと言ってはなんですが、天ぷら蕎麦も絶品ですよ。

海老天、ししとう、なす、おいもなど天ぷらの王道を用意し、かつおだし漂う本格お汁とともに打ち立てお蕎麦を味わって頂く贅沢。

KORG

たまりませんね。

さらに、今回はそば打ちパフォーマンスも行わせて頂きました。

こうしたデモンストレーションをやることで、お客様との接点が生まれ、お蕎麦のお話しにとどまらず、いろんな世間話でコミュニケーションを取ることができるのも、また、楽しみのひとつとなります。

KORG

ランチを提供するという一種脇役ではありますが、大事な商談パーティにお越しになる顧客様の心を美味しいお食事でほっこりさせることで、良い結果に繋げられることが、我々楽常の本当の歓びであります。

このぐらいのスペースが確保できればお蕎麦ケータリングが可能でございます。

ぜひとも、貴方のイベントにお蕎麦ケータリングをご検討頂ければ幸いでございます。

最後になりましたが、KORGさま、また、お集まりのお客様各位、本日はありがとうございました。

関連記事一覧

ブログ内検索

そば割合自動計算

Multilingual language

最近の記事