絆 BLOG

ダイワハウスリフォーム×楽常の顧客獲得大作戦

ダイワハウスリフォーム柏

これまでも、住宅メーカー、住宅機器メーカー、住宅リフォームメーカーさまとのコラボレーション企画を実現してきた楽常ですが、そうした中で、顧客獲得の営業手段として、ショールームを活用してのフードとの相性をオススメして来ました。

まず、住宅を考える場合、生活の中心として重要なキッチンと食卓&リビングでの過ごし方、優位性をお客様から得ることができれば、購入の可能性、リノベートの可能性、機器販売のターゲットとなる顧客獲得に繋がるのではないか?そして、そのキッチンの活用法の提案として、広いショールームを使ったそば打ち会をオススメして来たのです。

ダイワハウスリフォーム柏

顧客獲得の手段としてショールームに誘いたい、つまり、営業テリトリーに引き込み、最新設備機器などを自分の生活にあてこむ夢を見させる、ある意味、普段の生活ではない贅沢感や特別感を抱かせ、契約にこぎつけたいと考える、これがショールームの役割です。

一昔前は、単なるサンプル置き場であったショールームの考え方が変わって来たのは、ほんの最近であります。

その中で、こうした最新設備機器を使った生活という未来の夢を見させるのは、やはり女性のほうがマジックにかかりやすく、女性の生活の中心であるキッチンスペースの活用法を考える上で、やはりフードとの相性は抜群であり、今回、千葉県柏市のダイワハウスリフォームさまとのコラボレーション企画が実現しました。

ダイワハウスリフォーム柏

リフォーム企業さまは、住宅機器メーカーさまとも親密な関係にあり、各地域に存在する機器ショールームなどの利用も容易なのではないかと思います。

今回も、LIXIL柏ショールームのスペースを使っての、顧客さま獲得大作戦ということとなりました。

住宅メーカーと違い、リフォーム企業の顧客さまは、未来のお金しか使えない20代を乗り越えた、ある程度自由にお金を使える年代が多数を占めるということもあり、平日のランチ的役割としてのそば打ちも十分ありで、ショールーム一角をお借りする上で、土日の繁忙時よりも借りやすいのではないかと考えます。

ここが味噌です。

前述した夢を見させるスペースでありたいショールームで、平日昼間のランチとしてお蕎麦を打つという、ある意味贅沢なひとときを過ごして頂くという非日常という特別感がマッチすることもあって、ショールームでのそば打ちはお引き合いが多数あるわけです。

ダイワハウスリフォーム柏

ダイワリフォームさまの営業手腕により、約20名さまの顧客候補さまの参加を取り付けることができました。

そして、ここも味噌です。

未来のお客様になるであろう顧客候補さまというところが大事です。

つまり、企業間の接待と同じくお考え頂くことで、こうしたそば打ち会を開く目的として確立させること、こうしたハッキリとした目的がある投資は、必ずあとで花開く結果に結びつくのではないかと考えております。

ダイワハウスリフォーム柏

今回はテストケースも兼ねての開催でありましたので、営業スタッフさんも様子見という感じでしたが、一度自らそば打ちを経験して頂くことで、お客様に対して合いの手を入れることができるようになり、まずは、そば打ちを通じて、営業スタッフさんとお客様のコミュニケーションを重視することもできます。

ダイワハウスリフォーム柏

我々講師がこうして手を入れ確認し出来具合をチェックするのですが、もし、こうしたサポートを営業スタッフさんと一緒にすることができれば、まずお客様とぐっと近くなれるのではないかと考えております。

ダイワハウスリフォーム柏

そしてさらに、そばは打ったあと、すぐに食すことができることもあり、キッチンに回って頂き、最新設備の営業もすることができます。

蕎麦茹では、かなりの火力がありませんと上手に茹でることができませんし、たっぷりの水で〆る工程もあります。

ここで、シンクの便利な使い方や、優位性を伝えることもできます。

今回、HITACHIの最新IH式システムキッチンを使用しましたが、もともと蕎麦茹ではIHではなかなか難しかったのですが、最大3.2kwというハイパワーで難なく茹でることができましたし、センサーによる蛇口も驚きの様子でした。

ダイワハウスリフォーム柏

こうした設備のプレゼンも、そばを提供するタイミングに合わせ、的確に営業スタッフさまと連携することで、実現することができます。

ダイワハウスリフォーム柏

美味しい実食の時間を使っての、浄水器メーカーさまの水の飲み比べなどを交え、ひじょうに有効的に時間を使うことができました。

食べれば洗わなければならない生活の一部があるでしょう。

例えば、こうして使った食器を簡単に洗うことができるビルトイン食洗機や、今度は洗い場としてシンクの素晴らしさを伝えることもできるでしょうし、フードとキッチン設備の親和性は無限の可能性があるかと思います。

ダイワハウスリフォーム柏

こうした住宅ショールームを活用してのそば打ち会、もちろん楽常では関東一円を道具とインストラクターを派遣して、営業スタッフさんと連携しながら開催して行きたいと思っております。

こうした提案のご相談、お気軽にフロントにお寄せ頂ければと思っております。

今回お集まり頂きましたお客様、また、ダイワハウスリフォームのスタッフさま、機器メーカーさま、スペースの提供をくださりましたLIXIL柏ショールームさま、深く感謝申し上げます。

ダイワハウスリフォーム柏

 

関連記事一覧

ブログ内検索

そば割合自動計算

Multilingual language

最近の記事