絆 BLOG

企業レクリエーションそば打ち in 日本橋

日本橋そば打ち

暑い暑い、むっしむしの東京の梅雨です。

ワールドカップ日本の活躍も目覚ましく、いざ決勝シリーズに進出を決定付ける試合を控える本日も、30度超えが必死との予報の東京ど真ん中での日本橋の出張そば打ち案件となります。

楽常のモットーでもあります、日本を愉しむバナーを飾り、こちらの素敵なスペースで企業さまの到着を待ちたいと思っております。

日本橋そば打ち

楽常の日本橋スペースは、普段は台湾カフェとなっており、手前をオープンカフェスペース、奥が少し段差を作ったプライベートスペースにしてあり、気分を変えて30名ほどのアクティビティルームとして使用することができます。

基本洋風カフェスタイルのスペースですが、いつもの楽常のトレードマークでもある日本瓦装飾を施すことで、かなり和風なイメージを醸し出すことができるのは、おもしろいですね。

日本橋そば打ち

本日のお客様は、日本橋の上場企業さま、稲畑産業社の社内レクリエーションの一貫でのそば打ちアクティビティとなります。

9割女性という、そば打ちではかなり珍しいスタイルではありましたが、総勢21名、7鉢を用意しての3人チーム打ちという感じで進めて行こうと思っております。

このチーム打ちがまた楽しいのです。

日本橋そば打ち

そば打ち経験がない若い方も多くいらっしゃいますし、少々かったるい工程でもある水回しを、一鉢を囲んでチームみんなで手を入れて混ぜるのは、ほんとにあり。

むしろ一人一鉢で打たせてしまっては、人事交流的にもったいないところでもあります。

日本橋そば打ち

粉を混ぜるという作業は、なかなか一般生活では経験しない、手指の感覚を使うことになり、脳科学的にもひじょうにストレス解消の効果があると証明されております。

つまり、今回の企業さまのように、会社帰りに仕事仲間と一緒に粉を混ぜ混ぜすることは、明日への活力となり、生産性を上げる経営学的にも素晴らしいアクティビティとなること請け合いであり、絶対に他の企業さまも取り入れて頂きたいと思っております。

日本橋そば打ち

この笑顔が物語っていますね。

このそば打ちを、観光地の遊びにしていてはもったいないです。

コミュニケーションアイテムとして、また、一歩進んだ婚活のアイテムとしても、大いに活用できるのはないかと楽常は考えております。

日本橋そば打ち

それぞれのそば玉を育てるように仕上げ、いよいよ丸出しの工程となりますが、ここではやはり男性の麺棒使いで、どんどん丸く丸く広げて行きたいところですね。

コツは猫ちゃんの手ですね。

こうして手の甲を使って麺棒を滑らせるように広げることで、より丸く平らに均等に広げることができます。

日本橋そば打ち

初めての方も、「あー これ知ってる!見たことある!」となるのが、ここからのそば打ちの工程ですね。

今回は3人チームということで300g(約3人前)の粉をチョイスしましたので、麺棒は一本で十分。

ただし、乾きのスピードも考えないとなりませんので、なるべく麺棒に生地を巻き付けるのを基本姿勢として進めて行きたいと思っています。

日本橋そば打ち

日本橋のオフィス街に突如現れる、そば打ちアクティビティの姿は、一種異様な光景として写ったかも知れませんね。

しかし、もともとそばは江戸時代からのソウルフード。

日本橋でのそば打ちは、かなりマッチングの良い料理教室となるのではないかと思っております。

日本橋そば打ち

切り工程に入ると、これまでうまく行かなかったチームもがぜん挽回のチャンス到来ですね。

いかに均等にキレイに切るか、思い思いの向上心で切りを進めて行くのがわかります。

女性の切りは、やはり緻密であり、かつ淡々と進めて行くのが特徴であり、男性の切りと絶対的に違うところですね。

日本橋そば打ち

とは言え、男性にも存分にがんばって頂きたい!

日本橋そば打ち

そうこうしていると、切りも架橋となり、あとは食べるのを待つだけですね。

日本橋そば打ち

喉も乾いて来ていると思いますので、最後に手を洗って頂いて持ち込みビールで乾杯して頂ければと思います。

我々スタッフはこれからが仕事。

4つのカセットコンロを駆使し、どんどん茹でに入って行きます。

カフェベースということもあり、少し小さめのシンクということもあるので、かなり要領良く進める必要性がありますが、そばケータリングでいくつもの案件を行っている楽常ならではの腕の見せどころであります。

日本橋そば打ち

チームごとに打ったお蕎麦を板に盛り付けて、みんなで突きあうのが楽しいものです。

これも楽常のそばケータリングの特徴のひとつであり、板盛りという蕎麦屋ならではのシェアする食べ方を、若い方や外国の方などにも多くの方に味わって頂きたいと思っています。

日本橋そば打ち

それぞれ打ったお蕎麦を堪能する愉しみ、これがそばケータリングです。

今回は缶ビールを持ち込んで頂きましたが、もちろんこちらで蕎麦に合うおいしいお酒をご用意することも可能です。

日本酒やワイン、カクテルなんかの洋酒類も、実はお蕎麦と合うものが存在します。

そんなお酒のノウハウも楽常は持っておりますので、お気軽にご相談頂ければと思っております。

日本橋そば打ち

奥のプライベートスペースの方も素敵でしょ!?

蕎麦をこんな素敵なスペースでケータリングできる、そば打ちアクティビティ、ぜひとも楽常の出張そば打ちをご利用になってみてはいかがでしょうか。

日本橋そば打ち

 

関連記事一覧

ブログ内検索

そば割合自動計算

Multilingual language

最近の記事