絆 BLOG

日本酒×蕎麦×花の祭典「和宴」SOBAUCHIパフォーマンス

和宴そば打ちパフォーマンス

楽常と言えば、そば打ちアクティビティが柱となっておりますが、それだけではありません。

今回の案件は、楽常講師によるSOBAUCHIライブパフォーマンス。

ライブパフォーマンスを見ながら蕎麦を頂いてもらうという案件は、シナガワグースのカフェテリアスペースで開催された、日本酒×蕎麦×花の祭典「和宴」に参画させて頂きました。

シナガワグース和宴

来年の2020年オリンピック、パラリンピックを控え、各所で開催が多くなった和風イベントではありませすが、こうしたイベントのオファーも多く、楽常の売りでもあるそば打ちというモノを、より和の演出と、光をうまく使った演出の二本立てで魅せることができた、とてもイイイベントでした。

シナガワグース和宴

この照明の落とし方ですから、普段どんな雰囲気で演出するBARかわかって頂けると思います。

もし、これ光の演出が無ければ、真っ暗です。

シナガワグース和宴

打ち台は、今回は軽くパフォーマンスを行うということもあり、900mmタイプを用意し、その幅で打ち切れる700gをチョイス。

こうしたライブパフォーマンスでは、ベストなサイズです。

シナガワグース和宴
シナガワグース和宴

それこそ、ほんとにイイ雰囲気のBARであり、この日は天気こそ悪かったものの、テラス席も完備されており、表には滝も流れる演出があり、デートやちょっとした打ち合わせなどには最高のシチュエーションとなることでしょう。

そして、和宴の最大の盛り上がりでもある、生三味線演奏に合わせた華ライブ。

津軽のノリとコラボレーションした光の演出が、心揺さぶります。

シナガワグース和宴
シナガワグース和宴

さらに、宝酒造さまなどの日本酒のご提供、打ち立て蕎麦の提供などもあり、まさにフード、ドリンク、芸術が真意一体となったイベントとなっておりました。

和宴そば打ちパフォーマンス

より照明を落とした客席スペースでのパフォーマンスということで、いつものこてこての和装飾とは違う、和モダン系の装飾と、LEDを使った光を取り入れた電飾を重視したモノで演出。

シナガワグース和宴

こうした演出が功を奏してか、お客様たちも「なんだ、なんだ」的にお集まり頂くことができ、講師の手さばきを楽しいおしゃべりと、蕎麦や日本酒を頂きながら魅了されておりました。

シナガワグース和宴

イベントは、やはり、フードの効果が高く、蕎麦をたぐりながらのそば打ちパフォーマンスは、さぞ格別だったのではないかと思っております。

シナガワグース和宴
シナガワグース和宴

中にはそば打ちを趣味としているお客様もおられ、講師に気軽に質問しているシーンは、なにか微笑ましく、派手さはありませんが、そば打ちという日本に根づく趣味性の高さも垣間見ることができました。

シナガワグース和宴

今回のイベントでのコラボレーション企画、とても和をイメージした日本の「今」にスポットをあてたイイ企画であり、それぞれに得意な分野で技を出し合う、総合イベントとしては、ひじょうに良い機会を与えて頂いて感謝しかありません。

和の演出を、貴方のイベントにもぜひ!

関連記事一覧

ブログ内検索

そば割合自動計算

Multilingual language

最近の記事