SHIMANE
OKI
SOBA

島根 隠岐そば

日本全国ご当地そば100選
伝承される郷土そばや近年の名物そばなどを厳選した100選を、SOBAUCHI楽常が選んだ絶品そばの数々をご紹介します。

GOTOCHI
SOBA 100

HOME > ご当地そば > 隠岐そば

okisoba
隠岐そば

島根名産 隠岐そば とは

島根半島の北方、40~80キロの日本海に浮かぶ隠岐は、住民の住む4つの大きな島と、他の約180の小島からなる諸島です。隠岐そばは古くから島民の間でも親しまれてきた、島根を代表する郷土そばであり、つなぎなしの100%蕎麦粉を使い、太く短いそば。
ろうそく島ぶっかけスタイルには、海の恵みたっぷりの飛魚(あご)だしを使った、いわゆる、お三時として、さっぱりさらりと食された鰹節がメインの江戸そばとは正反対な、濃厚でコクのあるしっかり腹を満たすそばである。
薬味はごま・ねぎ・ゆず・のりがなどをのせ、鯖特有の魚臭を打ち消すことで、だしの香りが強くなる温かいおそばも美味しく頂ける。島で採れる芽かぶをのせた、めかぶそばも有名。

あごだしの特徴

あごだしとはトビウオのだしのことをいいます。九州ではトビウオのことをあごといい、あごだしは煮干しやかつおぶしに比べると、上品な味とコクが特徴です。そのため、だしの中でも高級品となっています。
トビウオは、海面よりも上を飛んだりすることから運動量が多く、ほかの魚に比べると脂肪分が少ない魚でもあります。脂肪分が少ないと青臭さが少なく、料理の相性も良いとされています。

あごだしあごは運動量が多く脂肪分は少なめです。しかし、高たんぱくでダイエット食品としても人気が高い魚であり、あごだしに含まれる栄養素と効果を把握して、健康意識も高めていきましょう。

  • 銅…血液を作る役割を担います。
  • セレン…抗酸化作用に優れています。
  • たんぱく質…三大栄養素のひとつで、血液や筋肉を作る役割を担います。
  • ビタミンB6…水溶性ビタミンのひとつで、肌のバリア機能を高める役割を担います。
  • ビタミンB12…水溶性ビタミンのひとつで、悪性貧血を防ぐ役割を担います。
  • ナイアシン…脂質の代謝を助けてくれます。
  • ビタミンE…抗酸化作用に優れています。

あごにはビタミンB群のほか、若返りのビタミンといわれるビタミンEも含まれています。脂質の代謝を助けてくれるだけではなく、ビタミンEの作用によってアンチエイジング効果も期待できます。注目したいのはセレンです。あごには豊富に含まれており、体に良い効果をもたらしてくれます。セレンは抗酸作用に優れ、体の老化を防ぐだけではなく、心臓発作や関節炎といった症状にも効果的といわれています。血液を作ってくれる銅や貧血を防ぐビタミンB12も含まれているので、健康を維持するためにも日頃から摂取しておきたい食品です。

参照:DASHI

SOBAUCHI楽常はそば打ちをもっと楽しく美味しくする。
SOBAUCHI 楽常
出張そば打ち | そば打ち日本酒プラス | そばケータリング | そば打ち料理教室