お知らせ

本年のごあいさつと年末年始の営業のお知らせ

楽常2018

いつもご閲覧ありがとうございます。
SOBAUCHI楽常フロントでございます。

師走も押し迫り、蕎麦業界もクリスマスを終えた頃より活気立ち、わけがわからないほどの忙しさに突入します。

楽常でも、この一年を締めくくる年越し蕎麦を仕事納めにお召し上がり頂くSOBAケータリング、企業さま数社の案件を残すばかりとなりました。

今年は6月に法人化スタートしてまもなくの9月の決算を終え、これまでの事業プレスタートからあれよあれよと走り続けてきた感じではありますが、いよいよ新体制でスタートできる運びとなりました。

こうしたスムーズなスタートを切れたのも、企業イベント担当者、幹事さまなどの支持とともに、サポートスタッフにも恵まれた不思議な力、独特な楽常の「引き」であるものかと思っているところもあります。

その「引き」と呼ばれる目に見えない流れを、しっかりと舵取りできるよう、世相の嗜好、時代の趣き、人としての揺るぎないものにしっかりと目を光らせ、くだらないしがらみや慣例などに囚われない一フード事業として、常にオリジナリティを追求し、何モノにも固執しない「変化」というモノを楽しみ続けたいと思っております。

楽常のそば打ち&ケータリング事業は、「無印の真っ白なTシャツ」です。

いかようにも染まることができる、そして、「無印」というブランドアイデンティティを大切にしております。

段位や認定資格を輝かしい目標とした、狭い打ち場で一人黙々と鍛錬するそば打ちとは一線を画する、楽常のそば打ちは、必ずその先に「人の心」がございます。

美味しいお蕎麦を打って美味しいと言って貰える笑顔のためのそば打ち、さらに、そば打ちを人と一緒にやるから楽しく打てる、打ったお蕎麦を誰かと一緒に笑って食べることができる。

そこに、手技が上手い下手なんて小さい世界ではない、そば打ちには、もっと大きな人の心を繋ぐ世界が広がっているのです。

そば打ち から SOBAUCHI へ。

この楽常のモットーを、まずは東京都心から、「社会とは、人・コミュニケーションで成り立っている」という意識に主眼を置く先見性のある企業法人さまから広げていけるよう、がんばって行きたいと思っております。

来年度も楽常のそば打ちとSOBAケータリングをお引き立てのほど、よろしくお願いいたします。

年末年始の営業


お電話受付:年末年始も休まず対応致します。
そば打ちサービスとSOBAケータリングサービス:12/31~1/4 お休み


 

最近のお知らせ

お知らせ一覧

Multilingual language

最新の記事